歴史

 

JSC Kalceksは1920年に創業した、バルト諸国における最古の製薬会社の一つです。Farmazansという名で知られ、会社は1940年に二つの国家企業、所謂、Medfro (1920年に設立)およびFarmazans (1932年に設立)からなります。製造は1940年代に一度中止されました。1945年、製造が再開されましT。その際の名はリガ 6. 化学 – 製薬工場です。

1960年代および1970年代にかけて、化学品の製造が中止されました。会社は注射剤形にフォーカスし始め、無菌製造部門を設立しました。「Latvbiofarm」社の一部として、ブランド 「Kalceks」 は 1976年に登場し、 1992年に、そのビジネス活動は化学および製薬両方が含まれています。

1992年5月、「Kalceks」は  「Latbiofarm」から分離し、独立した注射型最終剤形 の製造を専門とした製薬会社になりました。2004年に、 JSC「Kalceks」がJSC「Grindeks」 – バルト諸国 一流製薬会社の一部、即ち、その子会社になりました。2012年、 ホールディング・ グループ 内のジェネリック医薬品(generic medicines)の開発がJSC 「Kalceks」に割り当てられました。

長年にわたって、断固として 病院向け製品 にフォーカスすることによって、JSC 「Kalceks」 はこの分野における深い知識および経験を蓄積してきました。会社はEU GMP要求に適合するほか、有効なEU GMPのみならず、関連製薬活動のロシアのGMP証明書を有しています。現在は、弊社の製品はEUに位置する製造設備によって「Kalceks」のライセンスの元で製造されます。弊社の製品は欧州連合(EU)、旧独立国家共同体(CIS)、東南アジア、および中央アメリカなどの国に既に登録しています。従って、各国の規制要件を小地位する上、弊社はそれぞれのエリアあへ製品を提供・配布することができます。

History

 

1920年   会社の設立

1940年   会社は2つの国有企業の合併によって設立されました。

1945年、会社は1940年代の初頭に中止された製造を再開。

1976年、ブランド Kalceksの初登場、Latvbiofarmの下で営業。

1992年、会社は注射剤形を専門とした、独立した製造業者になりました。

2004年   Kalceksは Grindeks ホールディング・ グループの一部になりました。

2012年、 Grindeks ホールディング・ グループ内の無菌ジェネリック医薬品が開発 がKalceksに割当てられました。

2017年、 Kalceks会社の新規視覚識別方案を導入。

 

History