管理

エイジルス・コプティルス (Egils Kopštāls)
エイジルス・コプティルス (Egils Kopštāls)

理事長

1969年生まれます。エイジルス・コプティルスはリガ技術大学を卒業し、工学経済学の学位を取得し、2000年からエーエス·カルセクスで働いています。エーエス·カルセクスに勤務しながら、エイジルス・コプティルスは2007年から2018年まで同社の親会社であるエーエス ・グリーンデクスに勤務し、そのチーフエコノミストと投資部門の主管を務めています。2018年以来、彼はエーエス·カルセクスにしかいません。エイジルス・コプティルスは会社の財務と行政総監であり、取締役会のメンバーでもありますが、2020年2月に彼は取締役会の会長を務め始めました。

彼の人生の座右の銘は、あなたの知識はあなたの最大の財産です。
Chem博士。ユリス· ヘメルニキス (Juris Hmeļņickis)
Chem博士。ユリス· ヘメルニキス (Juris Hmeļņickis)

取締役会メンバー

生まれは1980年です。ラトビア大学化学科を卒業し、2010年に化学博士号を取得しました。彼は2012年からエーエス·カルセクスで働いています。彼は8年間会社を管理し、取締役会長を務めたが、2020年2月に取締役会のメンバーとなりました。2000年以来、ユリス· ヘメルニキス もエーエス ・グリーンデクスの親会社であり、複数の異なる役職(クロマトグラフィー研究所の責任者、質量ディレクター、取締役会のメンバー)を務め、2020年2月には同社の取締役会の議長となりました。専攻教育のほかに、ユリス· ヘメルニキス はリガ技術大学を卒業して、全面的な品質管理の修士の学位を獲得し、ラトビア大学の商学院、管理学院と経済学院を卒業して、経済学の修士の学位を獲得した;彼はスウェーデンのカレッジマネジメントプログラム「サステナビリティ・ビジネス」を完成させました。

彼の人生のモットーは、リーダーになるということは、あなたを指導するチーム全体が共通の目標を達成するということです。
カルパス·クーペレイヴィチ (Kaspars Kuprevičs)
カルパス·クーペレイヴィチ (Kaspars Kuprevičs)

品質・開発ディレクター/取締役会メンバー

生まれは1985年です。2006年から品質と発展の総監を務め、製薬と化学の分野で豊富な経験を持っています。2015年、カルパス·クーペレイヴィチがエーエス·カルセクスに加入した際、彼は合格者の役割を果たしました。それまで彼はエーエス·グリンデックスの親会社であるグリンデックスの品質管理研究所の責任者を務めていました。カルパス·クーペレイヴィチはラトビア大学の化学自然科学の修士号を取得した;ラトビア大学で薬学を学んでいました。2020年2月からエーエス·カルセクスの取締役会のメンバーを務めています。

彼の人生の座右の銘は、私たちのすべては私たちが考えた結果です。
ジェル·タパニ·ニミー (Jere Tapani Niemi)
ジェル·タパニ·ニミー (Jere Tapani Niemi)

業務発展総監

生まれは1994年です。ジェル·タパニ·ニミーは2018年にエーエス·カルセクスに加入し、マーケティング専門家として活動しています。彼は、2020年2月から業務の発展の監督を務めてきました。タルトゥ大学を優秀な成績で卒業し、薬学修士の学位を取得しました。ラトビア大学ビジネス・マネジメント・経済学部経営学修士課程で追加教育を受けています。

彼の人生の座右の銘、優秀な成績は時間が必要です。